当サイトに込めた思い


「高校数学の美しい物語」が誕生したのは2014年1月。現在は2019年。

当サイトに込めた思い等を整理しておく。理由は,

  • 読者に向けて、なんとなく思っていることを共有したい
  • 将来の自分に向けて(サイト開設時の思いを忘れないように)

サイト作成の理由

2014年当時,私(大学4年生)はインターネット上に数学の分かりやすいコンテンツが無いと感じていた。特に,数式が見やすいサイトは(ほぼ)無かった。

また,私は中学・高校時代に(「大学への数学」や数学オリンピック対策で)ひたすら数学を勉強していたため,マニアックな定理や小技をたくさん習得しており,多くの人に広めたいと感じていた。

そこで,以下のような条件を満たすサイトを作ろう!と思い立った。

  • 数式が見やすい(TeX)
  • 分かりやすい(厳密過ぎず,省略しすぎない。厳密でない部分はあってもよいが明記する)
  • 高校時代の自分が見たら喜ぶ
  • 自分の備忘録として役立つ
  • 任意の数学用語 $W$ に対して,ある記事 $A$ が存在して,Google で $W$ を検索すると $A$ が1位に出る

※最後の目標だけは現実的でないが,それ以外は達成できたと思う。

サイト開設から2年間

最初の2年間は,

  • 私が,比較的時間に余裕がある大学院生であった
  • 同じ研究室の仲間が,面白い数学のネタをたくさん教えてくれた

そのおかげで,たくさんの記事が書けた。記事数を増やしていくうちに,高校数学だけでなく,大学数学の面白いネタも増えていった。そこで「大学数学の美しい物語」という別のサイトを一瞬作りかけた。しかし,1つのサイトにまとめた方が良いという(読者の)ご意見もあったため,結局「高校数学の美しい物語」という1つのサイトでやっている。

結局,今では半分近くが大学レベルである。そのため「なぜ高校数学の美しい物語に大学数学というカテゴリがあるんだ?」「デルタマトロイドは高校数学なのか?」「高校数学でもないし,美しくもないし,物語でもない!」といったご指摘が毎週のように届くが,気にしていない。むしろ反応があって嬉しい。サイト名を変えるつもりは無い。

2年目の後半では,SBクリエイティブ様にお声掛けいただき「高校数学の美しい物語」という本も出版することができた。本当に良い経験をさせていただいた。

3年目以降

3年目以降は,

  • 私が,比較的時間に余裕がない社会人になってしまった
  • 数学オリンピックとかマニアックな定理について語れる仲間が近くにいなかった

そのため,サイトの更新はほぼストップしてしまった。現職の職場環境はかなり良いのだが「高校数学の美しい物語」を育てられないことは悲しい。

一方で,インターネット上の素晴らしい数学コンテンツはどんどん増えてきている。

  • Qiita
    数学というより情報系だが,非常に見やすくて分かりやすい記事が多い
  • INTEGERS
    分野を数(特に整数)に絞っており,専門的であるにも関わらず分かりやすい記事が多い。本当にすごい(小並感)。このサイトがある限り「任意の数学用語 $W$ に対して…」という目標は達成できないので,目標の修正を検討中である。
  • ヨビノリ
    比較的難しい話題でも分かりやすく説明されていて,こちらもすごい。これだけクオリティが高い動画があると,これからの学生は Web サイトよりも動画で学習する人が増えそうだなあ。

そのため,サイト開設の動機の1つであった「インターネット上に数学の分かりやすいコンテンツが無いから作る」という気持ちは消えつつある(寂しいような,嬉しいような)。

今後

とはいえ,私は「高校数学の美しい物語」が,今後も多くの方の役に立つものであると期待している。引き続き,

  • 新しい記事の追加
  • サイトの改善(古い記事の内容,サイトのデザインなど)

をゆっくり進めていきたい。サイトの改善案があればいつでもご連絡いただきたい。

また,サイトに紐付いた活動(数学イベントへの参加,寄稿,数学同好会への訪問など)も(時間とモチベーションがあるタイミングで)やっていきたい。何かあればお気軽にお声掛けいただきたい。