分野: 大学の確率・統計


$0$ 以上 $1$ 以下の数字をランダムに独立に $n$ 個生成する。このとき,小さい方から $k$ 番目の数の期待値は $\dfrac{k}{n+1}$ となる。

最大値や最小値など「小さい方から $k$ 番目」が従う確率分布の公式について考えます。最後に公式を一様分布に適用することで,上記の性質を確認します。